行事予定・報告
行事予定・報告 > 平成28年度 行事報告 > 2016/06/14 春季総会・懇親会

2016/06/14 春季総会・懇親会

2017/03/28

去る6月14日、東京駅の眼前のKITTE内にあるアルカナ東京において東京法曹会春季総会が開催されました。東京法曹会の総会は毎回重要な審議及び報告がなされており、特に春季総会は年度はじめの顔合わせの意味もあり、毎年多くの会員が来場します。また、新入会員にとっては、東京法曹会がどのような施策や人事を行っているのかを肌で感じることのできる場です。そして、総会の後には懇親会があり、美味しい料理に舌鼓を打ちながら縦のつながり、横のつながりを深めることもできる貴重な機会ともなっております。

さて、春季総会の式次第は①幹事長挨拶、②審議事項として平成27年度決算承認の件、平成28年年度予算承認の件、年会費(維持会費)の件、そして今年度は政策検討会の設置及び事務局長選任の件が加わりました。さらに、③報告事項として平成28年度各種委員会委員選任の件、各種委員会活動報告が行われ、主要人事報告と続き、司法研修所教官候補者の件、年間行事予定が発表されるという流れでした。

式次第にしたがい、まずは本年度幹事長に就任した志賀会員より挨拶がありました。挨拶では、「東京法曹会で会いましょう」という本年度のキャッチフレーズの意義について言及がありました。東京法曹会創立時の目的は役員選挙への対応であったとのことですが、昨今の弁護士増の影響により無会派を含めて個々の弁護士のつながりも弱くなっているといいます。このような時代だからこそ会派での活動を大事にして個々の弁護士のつながりを持ち、「政策形成集団」としての東京法曹会の更なる発展を目指して、このようなフレーズを掲げたとのことでした。会派の重要性を意識に喚起させる話であり、参加した会員も身の引き締まる思いであったことと推察致します。

続いて審議に移り、平成27年度決算及び平成28年度予算が承認されました。

その後の報告事項についても滞りなく終了し、本年度の東京法曹会の活動方針が定まったことになります。若手支援と組織力強化という施策を実のあるものとすべく、若手会員の方々には、興味のある企画に顔を出すなどして東京法曹会を盛り上げていっていただければと思います。

総会終了後は、お待ちかね(?)の懇親会で、普段はなかなかお目にかかることのできないようなフランス料理に舌鼓を打ちつつ、ベテラン・若手の会員が入り交じり、大いに懇親を図りました。合間には東京法曹会に関するクイズやマニアックな実務のクイズが出題され、テーブルごとに一丸となって挑むことで一体感も生まれ、大盛況のうちに幕を閉じました。

今回の総会に参加し、東京法曹会にはアットホームな雰囲気があり、先生方が温かく迎えてくださる環境が整っていると改めて実感しました。これを機会に新入会員の先生方も会派活動に興味を持っていただければこの上ない喜びです。

2016/06/14 春季総会・懇親会