行事予定・報告
行事予定・報告 > 平成28年度 行事報告 > 2016/10/18 弁護士・税理士・社労士交流会

2016/10/18 弁護士・税理士・社労士交流会

2017/03/28

平成28年10月18日、税理士、社会保険労務士、弁護士による三士業交流会が開催されました。参加者は全部で60名程度であり、各士業からそれぞれ20名程度の出席がありました。当日は、各士業の講師から、労働関係のテーマに沿って講義がなされ、その後、各士業で混成されたグループごとにディスカッションを行い、質問内容を各グループで取り纏めて質疑応答を行うという方式で交流会は進められました。

2016/10/18 弁護士・税理士・社労士交流会

社会保険労務士の講師からは「時間外労働と労働時間管理」について、税理士の講師からは「未払残業代についての税務上の取り扱い」について、弁護士の講師からは「労働紛争手解決手続の比較」について講義がなされました。講師の方々が実務の現場で実際に経験している内容ということもあり、講義内容は非常に分かりやすく、他士業が聴講しても理解しやすいものでした。

また、今回は、講義の後にグループごとのディスカッションを行い、その合間にケータリングの食事をとるという新たな試みが行われました。グループディスカッションでは、他士業の先生と直接お話しができる貴重な機会ということもあり、異なる士業の先生方同士で積極的に質問や意見を交わし、どのグループも白熱した討論がなされていました。また、適度にアルコールが入ったことで(?)、参加者同士の距離がグッと縮まり、研修のテーマ以外でも、他士業に対して日頃から疑問に思っていることなどを質問し合っていました。

そして、グループディスカッションが終わり、そこで取り纏められた質問に対しては、各講師から経験に基づく的確な回答がなされ、専門書を読んだだけでは分からない実務の知恵のようなものを教えていただきました。

以上のような形で交流会は進み、大盛況のうちに終了した後は、美味しいワインを頂けるお店に場所を移して二次会が始まりました。交流会に参加された方の多数が二次会にも参加され、日頃の仕事の話や他士業への質問などで、さらなる親交を深められていました。

普段、仕事の場で一緒になることはあっても、なかなか打ち解けて話をすることが少ない他士業間にあっては、本交流会のような場は希有であり、極めて貴重な機会であったと思います。今後も継続して開催され、三士業間でさらなる親睦が深められればと感じました。

2016/10/18 弁護士・税理士・社労士交流会