トピックス
2月13日(水) 第3回実務研究会『どうなる?「働き方改革」~改革の内容と実務~』のご案内
カテゴリー:研究会  2019/01/25

平成31年1月吉日

東京法曹会 幹事長  鍛冶 良明
実務研究委員会委員長 山崎雄一郎

拝啓

 寒冷の候、先生方におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 本年度第3回目の実務研究会が下記の要領にて開催されますので、ご案内いたします。

テーマ『どうなる?「働き方改革」~改革の内容と実務~』

 第3回実務研究会では『どうなる?「働き方改革」~改革の内容と実務』をテーマとして、67期、70期の先生方に、時間外労働の上限規制、年次有休休暇の時季指定義務、フレックスタイム制・高度プロフェッショナル制度及び同一労働同一賃金などの諸問題について、解説いたします。

 先生方もご承知のとおり、昨年6月29日に、いわゆる働き方改革法が成立し、本年4月より順次施行されることとなりました。実務に直接関わる事項が多く、皆様のご参考になること間違いありません。万障お繰り合わせの上、多数のご参加をよろしくお願い申し上げます。研究会後は懇親会の開催も予定しておりますので、こちらも併せてご予定いただけましたら幸いです。

 出席を希望される先生方は、下記宛に、2月1日(金)までにFAX乃至はメールにてご連絡いただきますよう、よろしくお願い致します。また、その際、懇親会の出欠につきましても、下記出欠欄に併せてご記入いただけましたら幸甚です。

敬具

日時

平成31年2月13日(水) 午後6時00分~

場所

奧野総合法律事務所・外国法共同事業7階会議室(別添地図をご参照ください)

会費

500円(レジュメ代)

発表者

藤木友太(67期)、横山裕一、中村望、高橋幸宏、上村香織、益原大亮、寺尾侑己、西原隆雅、横田博文、山根達之(以上70期)

ご案内・参加申込書

» 2月13日(水) 第3回実務研究会『どうなる?「働き方改革」~改革の内容と実務~』のご案内